お母さん業界新聞がキッズデザイン賞を受賞しました

『お母さん業界新聞』が 第15回キッズデザイン賞<子どもを産み育てやすいデザイン部門>を受賞しました。

30年余にわたり「お母さんの笑顔」にこだわり、
全国のお母さんとともに、月刊『お母さん業界新聞』をつくり続けてきた私たちですが、
これも、一緒に新聞をつくり、活動してくれている全国のお母さん大学生、
新聞活動を応援してくださっている皆様の支えあってのものと感謝しております。
これからもお母さんの心を大切にし、「お母さん業界新聞」を通じて
“孤育て”をなくし、笑顔をつなげていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

●キッズデザイン賞とは
キッズデザイン賞は、「子どもたちが安全に暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、製品・サービス・空間・活動・研究の中から優れた作品を選び、広く社会に発信していくことを目的に2007年に創設されました。子ども用にデザインされたものはもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てに配慮されたデザインであればすべてが対象です。https://kidsdesignaward.jp/

●お母さん業界新聞の活動とは
『お母さん業界新聞』は、お母さんによるお母さんのための新聞として、1999年に創刊(前身の「トランタン新聞」創刊は1989年)。全国のお母さん記者(フツーのお母さん)と一緒に、毎月制作・発行しています。『お母さん業界新聞全国版』のほか、地域情報を盛り込んだ「エリア版」(横浜版、静岡版、大阪版、ちっご版)、お母さんたちが「わが子へのレポート」として綴る「わたし版」約60紙。日本中に地産地消の『お母さん業界新聞』を誕生させ、子育てに夢が描ける社会の実現を目指しています。





プレスリリースはこちら

プレスリリースダウンロード

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

最新の記事